眼瞼けいれん

「眼瞼けいれん」「片側顔面けいれん」は特に50~70歳の中高齢者に発症することが多く、女性に多く見られます。
けいれんという名称から痙攣が起きている状態を思われますが、かならずしもけいれんが起きているとは限らない。
眼瞼けいれんとは、瞼を閉じる筋肉(眼輪筋)が不随意に収縮する病気です。
はっきりした原因は分からない、症状はまばたきが増えたり、まぶしさを感じたりすることから始まり、進行すると目が開けにくくなります。
両目の場合が多いですが、片方の症状が重いことが多い。
症状の進行はゆっくりしていますが放置しても自然には治らない。
多くの場合はけいれんの回数が増し、視力があるにもかかわらず機能的には盲目と等しい、生活や仕事の支障に来します。
眼瞼けいれんは眼が乾きやすい、疲れやすいので、ドライアイや眼精疲労、眼瞼下垂、チック、自律神経失調症などと間違えやすいので、特にドライアイとの鑑別診断が必要です。
治療法:眼瞼けいれんの内服薬がありませんので、抗てんかんの薬を転用して治療します。

ボツリヌス療法

けいれんをしている眼輪筋にボトックスを注射する。注射後2・3日で症状が治まり、効果が4ヶ月ぐらい持続します。

こしがや眼科クリニック
こしがや眼科クリニック

目のことでお悩みでしたら、越谷駅西口徒歩5分にあるこしがや眼科クリニックまで。
まずはお気軽に受診してください。

  • tel_048_967_6888.png
  • tel_048_967_6888_sp.png