日帰り手術・レーザー治療について

加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、緑内障・後発白内障のレーザー治療を行っております。
越谷市や川口市、草加市からも通院に便利です。

レーザー治療とは 

レーザー治療とは、レーザー光を眼の中の組織に照射して行う治療方法の総称です。
糖尿病網膜症に代表される眼底出血や網膜剥離裂孔などの網膜疾患、緑内障、後発白内障に対し 施行されます。

当院のレーザー治療について

当院では、眼底疾患に対して施行される網膜光凝固、緑内障などに施行される虹彩光凝固、
後発白内障に対して施行される後発白内障手術を実施しております。
(後発白内障手術は、施行まで1ヵ月~2ヵ月程お待ちいただく場合があります。)
通常、通院で目薬の麻酔のみで施行し、治療時間は疾患によって異なりますが、数分~20分程です。
もし痛みを感じるようなことがあれば注射での麻酔も追加することが稀にあります。
目を切ったり縫ったりするわけではありませんので、原則として眼帯は必要ありません。
翌日から平常どおりの生活が可能です。

費用について

1. 眼底の疾患に対するレーザー治療 

網膜静脈分岐閉塞症・加齢黄斑変性・網膜剥離裂孔・網膜裂孔・糖尿病網膜症などがあり、片眼 に対し1~4回の治療が必要です。

網膜光凝固術(通常)1割負担2割負担3割負担
片眼 約¥11,500 約¥14,000 約¥34,500
網膜光凝固術(特殊)1割負担2割負担3割負担
片眼 約¥14,000 約¥14,000 約¥55,500

※手術中に使用した薬剤等により、金額は変動いたします。

2. 緑内障に対するレーザー治療

閉塞隅角緑内障や瞳孔ブロックを起こす可能性がある狭隅角眼に対して行うレーザー治療法です。レーザー光線で虹彩(茶目)の端に小さな穴をあけ、房水が流れるバイパスをつくります。

虹彩光凝固術1割負担2割負担3割負担
片眼 約¥8,000 約¥14,000 約¥24,000

※手術中に使用した薬剤等により、金額は変動いたします。

3. 後発白内障

白内障手術後、濁りが生じた水晶体嚢にレーザーを照射し、濁りを除去します。

後発白内障手術1割負担2割負担3割負担
片眼 約¥1,800 約¥3,600 約¥4,800

※手術中に使用した薬剤等により、金額は変動いたします。

こしがや眼科クリニック
こしがや眼科クリニック

目のことでお悩みでしたら、越谷駅西口徒歩5分にあるこしがや眼科クリニックまで。
まずはお気軽に受診してください。

  • tel_048_967_6888.png
  • tel_048_967_6888_sp.png